トップイメージ

とうとう始める時という場面では始めに事前調査を横着してはいけません。

売買を始める前であるとすれば、場面を冷静に見ることが可能です。

しかしながら、一回マーケットの内側へ深入りするとどうしても見え方が偏ったものになってしまいがちで、重要な時に適切な判断を下せなくなるリスクを負います。

その分己の考え方が合理的な間にちゃんとした準備する事が必要です。

その”準備”とは、始めに己の台本を考える事から開始します。

将来の相場はああだからユーロを勝負するといった自らの筋書きを書いていきます。

その次はローソク足チャートを調べましょう。

これまでの相場の上下動をチェックして、今日の位置を調べます。

すると、「今のところ結構低すぎる水準である」「とっくに多数の投資家の方々が仕かけているからこれから大急ぎでしかけても遅すぎるな」ということが見えてきます。

当然ですが今となっては取引するのが遅いと考えたら何もしないで、それはすっぱりと吹っ切ることが大切です。

無理に自分自身の脚本を貫いて、強引に新規エントリーすると相場にやられてしまいそれどころか損失を被ることになるリスクがあります。

もっともかなりの場合では、緻密な自らの台本を作っておけば、買い(または売り)が間に合わないなというケースにはなることはありません。

現実に相場が動意する前のはずだから。

次に、とりあえずは自らが売買しようとしている外貨ポジションの動きをちゃんと点検する事が必要です。

もし、ドル高が進むと推測する筋書きを考えたのであればその通貨の上げ下げに注目しておきます。

為替相場の上下動を注視し始めた場面では、まだ該当の外貨は変化する兆候を見せないで上下にちょっとした動きを繰り返しているだけでしょう。

しかし、その推移をしっかりと注目していると、ある場面で確実に、ドル高の方向へと外国為替市場が変動し始めます。

この状況でようやくドル円の新規取引します。

基本的に、これだけ注意深く用意さえしておけば、その注文で利益を上げる割合は比較的大きくなります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.zinnetrestaurant.com All Rights Reserved.