トップイメージ

考えもせずに思いがけず遭遇するのが乗用車の事故です。

この状況でどうやって処理したことが要因となり自動車の保険金の支払額も全く変化する時も想定されますので冷静な決断と対処が重要です。

思っていない状況に混乱してしまえば大事な対応を逃してしまいこの先自身が大きな損を負う場面も考えられるので車の事故に遭遇してしまった場合には適切に以下に記述した作業をします。

自動車事故を起こしてしまった場合に一番にしなければいけないのが負傷者の有無を確認する必要があります。

の後は頭の中が真白になって虚脱状態になってしまう時があり直ちに対応できないのが当然です。

その状況では、負傷した人がいた時に危険が少ない地点に移動して手当てを施し119番通報するなど負傷者最優先に努めましょう。

救急車を呼ぶ場合には的確な事故があった場所を告げて、良く分からない場合は近くの分かり易い学校や場所名を連絡して事故が起こった位置が分かるようにします。

その次に110番に知らせて事故が起こった事さらに現状を説明します。

救急車とパトカーが来るのを待つ内に事故相手の情報を確認します。

姓名、住んでいるところ、TEL番免許証番号、車のプレート事故相手の自動車保険会社名等互いの情報を教えます。

この時に事故の相手に原因が存在する場合には現場で結論を出そうとすることが考えれますがその場で片付けるのではなくどういう時にかかわらず110番や自動車保険の会社に連絡して正しくジャッジしてもらうことが重要です。

それぞれの情報を教えあったら他者の障害にならないために障害となる物を道路の上からどけます。

もしも障害物が通りかかった人の交通の障害物になっている場合には、相手と自分の情報交換をするより先にこの対応を行ってしまっても問題はないはずです。

ここで自らの加盟している車の保険会社に連絡を入れて、車での事故を起こしてしまった事を連絡します。

一定時間内のうちに自動車の保険会社に電話を入れておかないと保険の適用除外にされるケースも想定されますのでできるだけすぐに行うことが重要です。

事故の様子としてコンパクトカメラや携帯等を使って現場や愛車の破損の様子が分かる写真をを撮影しておきます。

その証拠写真は過失のパーセンテージ決める重要なデータとなりますので、自分の愛車や相手の乗用車の故障個所を正確に手がかりとして残しておきましょう。

その場面で近くに人がいたとしたら警察の方や保険会社が駆けつけるまで事故の現場に待機してもらえるように話しておくことも必要不可欠です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.zinnetrestaurant.com All Rights Reserved.