トップイメージ

為替介入(外国為替市場介入)というのをご存知ですか?日本銀行が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞記事、テレビ番組、ヤフーなどの情報で見られたみなさんもたくさんいるでしょう。ハタラクティブハケン

元から外国為替市場介入(為替介入)というと我が国においては、・大臣(財務大臣)円相場の沈着を実現させるために使う方法と評価されています。

わかりやすく言うと、かなりの円高や円安の時に財務大臣の指令によって日本銀行が円の売買をして為替のレートを安定化させる、ということです。

為替介入(外国為替市場介入)は方法があるのです。

1.単独介入・・・政府もしくは日銀が、東京での市場の中で市場に加わって為替の介入を行なう。

2.協調介入・・・いくつもの通貨当局が相談し各銀行などが資金を使って同時ないし引き続いて為替介入(外国為替市場介入)を実施していく。

3.委託介入・・・国外の通貨当局への為替介入をお願いする。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が異国の通貨当局に代わり為替の介入を執行する。

このような種類があります。

いずれの種類の外国為替平衡操作(為替介入)も一時期、引き続いて為替のレートに多大な影響を与えるでしょう。

外国為替市場介入(為替介入)の金額はやはり自国の面目をかけているだけに桁違いです。

円を元にみると、日頃は数銭単位で変動する円相場が唐突に数円ごとの変動をするのです。

個人投資家の方なら今までに体験していると思いますが、それまでうまく含み資産(あるいは損失)が多いポジションをキープしていたところに、キープしているポジションが決済しましたとのことで報告が外為の会社よりEメールが来ました・・・いくらくらい得したのかな(損失が出たのかな)?と思いながら決済の情報を見ると、自らが思っていた事と正反対の状況となってしまい度肝を抜かれた例がよくあります。

為替の介入が行なわれるとよく起こることなのです。

こういったことから外国為替市場介入(為替介入)が行なわれると、為替市場の変動と真逆の動きをします。

しかも変動する金額の大きさはかなり大きく変わりますので注意が必要です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.zinnetrestaurant.com All Rights Reserved.